Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あしたも晴れ!人生レシピ:水島シェフ直伝!料理が美味しくなる3つの極意

 

料理が美味しくなる極意

  1. 細胞をつぶさない切り方(包丁の使い方)
  2. 塩加減(食材の0.8%)
  3. 調理温度

 

細胞をつぶさない切り方

  • 押し付けてきるのはNG!
  • 包丁のカーブを利用し前後に動かすと細胞をつぶさないで切れる
  • 細胞をつぶしてしまうと、水分・うま味・栄養素を逃してしまう
「それダメ」水島シェフによる、固いカボチャを力を使わずスパッと切る包丁の使い方術

塩加減

  • 塩分量は食材の0.8%にする
  • ポイントは食材の重さをしっかり計る

 

調理温度

  • 肉や魚などの動物性たんぱく質は、冷たいフライパンからゆっくり弱火で火を通す
  • 強火で焼くと肉が縮む
  • じっくり弱火で火を通し、最後に焼き色をつけるのが美味しい
教えてもらう前と後:水島流冷たい油から揚げる唐揚げの作り方

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください