Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

たけしの家庭医学:イリコ・アゴ・サバ節・干ししいたけのダシの取り方!グルタミン酸で大腸がん予防

3月5日のたけしの家庭医学は、腸の老化を止める科

腸の老化を止める栄養成分は、昆布に含まれるグルタミン酸。

 

グルタミン酸とは?

  • アミノ酸の一種で唾液の分泌を促す
  • 神経伝達物質の原料
  • 腸の細胞の栄養になる

 

グルタミン酸が腸の老化を止めるメカニズム

  • グルタミン酸は腸にある粘液を増やし、発がん物質や毒素を流し出す

 

グルタミン酸たっぷりとることができる食材

 

イリコだしの作り方

  1. 常温の水1リットルにカタクチイワシをふたつかみ入れる
  2. 30分放置
  3. 中火で5分アクを取りながら煮る
MEMO
頭もワタも取らずに使うのがポイント

サバ節だしの作り方

  1. 常温の水1リットルにサバ節をふたつかみ入れる
  2. アクをとりながら6分煮る(あまり煮立てない)

サバだしの特徴は甘いこと

 

アゴだし

  1. 常温の水1リットルにあごをひとつかみ入れる
  2. ひとにぎりのいりこをプラス
  3. ひと晩おく
  4. アクを取りながらひと煮立ちする

 

干ししいたけだし

  1. ジッパー付きの袋に干ししいたけと水を入れ、冷蔵庫に入れる
  2. 10時間たったものをひと煮立ちさせたら出来上がり♪

 

干ししいたけのだしが、昆布だしの8倍のグルタミン酸量を含む

 

 

老舗菊乃井のグルタミン酸たっぷり1番だしの取り方

たけしの家庭の医学:菊乃井の1番だしの取り方!大腸がん予防の栄養素グルタミン酸をたっぷり抽出する方法

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください