NHKスペシャル:人体 神秘の巨大ネットワーク第2集「脂肪と筋肉が命を守る」

シリーズ人体 今日のテーマは「脂肪」と「筋肉」

 

橋本まなみさん56キロの場合・・

  • 脂肪 18キロ
  • 筋肉 21キロ
  • 脂肪と筋肉は臓器の70%を占める!

 

脂肪が脳に対して指令を出している!?

  • 脂肪萎縮症(脂肪細胞を持っていない)のアメリカの男の子⇒すさまじい食欲!
  • すさまじい食欲は脂肪がないことが原因⇒レプチンを投与すると治まる
  • 内臓脂肪、皮下脂肪はタダの脂身ではない⇒脂肪は脂肪細胞の集まり
  • 脂肪細胞が食欲を押さえるメッセージ物質(レプチン)を出し、脳に指令を出している

 

食欲を脂肪が脳へ指令を出してコントロールする手順

  1. 食事から摂取した糖分+脂肪などが血液から染み出て脂肪細胞に溜め込まれる
  2. 脂肪細胞がいっぱいになると食欲を抑えるメッセージ物質のレプチンが脂肪細胞から血管へ放出され脳へ・・・
  3. 視床下部にたどりつき「もうエネルギーは十分」と神経細胞へ伝える
  4. もう食べなくていいと脳が判断する

 

脂肪が出しているメッセージ物質

脂肪の中には、600種類のメッセージ物質がある。何故?出しているかはまだわからない事が多い

  • 血管作って!
  • 敵がきたぞ!やっつけろ!と免疫細胞に指令を出している

 

スポンサーリンク



 

がん うつ 記憶力に効く?筋肉のスーパーパワー

  • 人体には400種類の筋肉
  • トレーニングをすると太くなる

 

筋肉が出しているメッセージ物質

  • ミオスタチン⇒もう成長するな!というメッセージ物質
  • カテプシンB⇒記憶力に効く!海馬の細胞を増やした可能性がある

 

スポンサーリンク


 

解明!ダイエットが失敗する本当の理由

 

  • 肥満になるほど血液中にレプチンは増える!なのに何故?
  • 脂が邪魔して脳にレプチンが届きにくくなっている
  • 肥満になると脳のレプチンに対する感受性も悪くなり、食欲のコントロールができなくなる

 

メタボが何故様々な病気を引き起こす?

  • メタボの人の脂肪細胞の中から余った脂肪を敵と勘違いし、脂肪細胞内から「敵がいるぞ!」というメッセージ物質が大量に出る
  • 免疫細胞が活性化しすぎて暴走を始める⇒血液内に入りこみ脂肪を血管内の攻撃!
  • 心筋梗塞・動脈硬化・糖尿病の原因に!

 

免疫の暴走を抑える臓器とは?

  • メタボを抑えるメッセージ物質を筋肉が出す!
  • メッセージ物質(戦うのはやめて!)のIL-6⇒免疫暴走を抑える
  • 運動をするとIL-6をどっと分泌される
  • IL-6は日本人が発見したメッセージ物質だが、免疫を刺激する働きと認識していたが、まだまだわからないことが沢山あるとのこと。

 

私たちの身体は動くことが前提になっている!

スポンサーリンク


NHKスペシャル人体 関連記事こちら

NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク 第1集「腎臓が寿命を決める」
NHKスペシャル:人体 神秘の巨大ネットワーク第2集「脂肪と筋肉が命を守る」
NHKスペシャル人体:骨が出す!最高の若返り物質!
NHKスペシャル人体:万病撃退!腸が免疫の鍵だった!
人体NHKスペシャル:脳のひらめきと記憶の正体を芥川賞作家の又吉直樹さんの脳を最先端の技術で徹底スキャン!
人体NHKスペシャル:生命誕生の神秘にせまる!精巧な人体を作るドミノ式全自動プログラム
NHKスペシャル人体:神秘の巨大ネットワーク最終回!メッセージ物質で健康長寿!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.