たけしの家庭の医学:内臓脂肪を減らす海藻のアカモクとは?その食べ方も大公開!

 

内臓脂肪は万病の元!今回のたけしの家庭の医学では、運動しなくてもこれを食べるだけで、内臓脂肪がどんどん減る海藻のアカモクに注目しました。

 

太っていないくても内臓脂肪が溜まっている可能性がある

  • 加齢とともに代謝が落ちるので、内臓脂肪が増えていく可能性がある
  • 若くてお腹がでてなくても調べてみると内臓脂肪がぎっしりなんて場合も・・

 

 

内臓脂肪を減らす方法

  • 食事制限
  • 運動

でもなかなか続けられない・・・。

 

 

内臓脂肪を減らす海藻とは?

  • 4週間で半分以下に(マウス実験)
  • ロシア人女性に16週間摂取してもらったところ、体重平均7キロ・体脂肪率11%減少した(ロシア)
  • これをたべるだけで運動しなくても大丈夫

内臓脂肪を減らす成分⇒フコキサンチン

 

フコキサンチンを含む海藻

・わかめや昆布にも少しは含まれる

アカモクに沢山含まれる(わかめの2倍!)

 

 
スポンサーリンク




 

 

アカモクとは?

  • 東北地方(岩手県)でよく食べられている
  • 水深2-10mのところに生えている海藻。
  • 日本沿岸でよくみられる海藻
  • 旬は3-5月
  • 旬の時は、収穫してから急速冷凍したものを使用
  • 湯通ししてから細かく刻むと粘り気が出る
  • 近年健康効果が話題となり、10年前より4倍の出荷量となっているスーパーフード

 

スポンサーリンク



 

アカモクの食べ方

 

  • 秋田のスーパーでは、鮮魚コーナーに沢山!アカモクのことをギバサと呼ばれている
  • 秋田のスーパーで体脂肪測定!⇒9名中6名がメタボ基準をクリア!

 

  • うどんの上にわかめとあさりを載せてアカモクをトッピング
  • アカモクに麺つゆを入れてよく混ぜる⇒ご飯の上に薬味のネギとともにのせて食べる!
  • ⇒シンプルだけど、美味しそうです♪
  • 湯がいて細かく刻む
  •  ⇒お味噌汁に入れる・マグロのアカモクがけ・冷ややっこなどにかける

 

 

スポンサーリンク



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です