Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

主治医が見つかる診療所:1日1分のかかと落とし&フランケン歩きで血糖値ダウン!

 

骨が出すオステオカルシンという骨ホルモンが、血糖値ダウンに関係している

認知症予防やアンチエイジング効果も期待できる

加齢とともに減ってしまうが、カカト落としでかんたんに増える!

 

かかと落としの効果

  1. カカト落としをすると、体重の3倍の刺激が入る
  2. 1日1分 2週間行うことで、50代の男女がコツホルモンが1.5倍に!
  3. 1日30回を目安

 

カカト落としのやり方

  1. 姿勢を正してつま先立ち
  2. 体重をかかと伝えるようにストンと落とす

 

MEMO

・歩く時にカカトから、階段を降りる時もカカトから降りるのも効果的

・骨ホルモンはすぐ排出されてしまうので、毎日継続的にやるのが良い

 

フランケン歩き 秋津先生考案

  • カカトをあげて歩く
MEMO
かかと落としは膝が悪い人や頸椎ヘルニアの人は刺激が強すぎるので、フランケン歩きのほうがおすすめ。フランケン歩きでも体重の2倍の刺激が入る

関連記事

NHKスペシャル人体:骨が出す!最高の若返り物質!

 

かかと落としが健康運動最強?

かかと落としが、健康になるための簡単運動最強説?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください