Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

それマル新常識:名店!分とく山の野崎洋光流きんぴらごぼう&豚汁&煮ない煮魚の作り方

 

野崎洋光流きんぴらごぼうのポイント

  1. きんぴらごぼうは、皮をむいてはダメ!
  2. ごぼうはたわしで洗う(皮にうまみが多いので)
  3. にんじんも皮をむかず、皮回りのみを使う
  4. ごぼうは水にさらさない!(アクや汚れではなく、ポリフェノールなので栄養が逃げるため)

野崎流きんぴらごぼうの作り方

  1. ごぼう・にんじんを炒める
  2. ねぎの青い部分を一緒にいため
  3. 酒・しょうゆ・みりんを一旦からめて、煮汁をだけを煮詰める
  4. もう一度絡めて、七味や白ごまをトッピングしてできあがり♪

スポンサーリンク


 

野崎流豚汁の作り方のポイント

  1. 材料を炒めずお湯通しをする(野菜の雑味が抜ける)
  2. 肉も湯通し、水で洗うことでしつこくなくなる
  3. 野菜を煮る
  4. 味噌を半分入れる
  5. 豚肉を入れる(最初から入れない)
  6. 残り半分の味噌を入れて煮て完成

 

スポンサーリンク


野崎流煮魚の作り方のポイント

  1. 下ごしらえとして塩を振る
  2. 20分~30分置いておく
  3. 湯通して水につける(霜降り)
  4. 水・薄口しょうゆとお酒を気休め程度入れる
  5. 火をつけない状態で魚を入れる
  6. しいたけとねぎを一緒に入れて火をつける
  7. 火が通ったら完成!

*魚は煮れば煮るほどマズくなる。

 

 

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください