Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

それマル:冬に必要な野菜(にんじん・ピーマン・ブロッコリー・ニラ・ゴボウ)の栄養を捨てない切り方

 

人参の栄養を捨てない切り方

  • 風邪予防に必要なベータカロテンを豊富に含んでいる
  • ベータカロテンは、皮に多く含まれるので、むかずに食べるのがおすすめなので、千切りより乱切りがおすすめ!
  • 生だと吸収率は8%なので、油と一緒に食べると70%吸収力アップする

 

「皮ごとにんじんのオイル煮」

  1. にんじんを皮をむかずに乱切りにする
  2. 鍋にオリーブオイルと塩・にんじんを入れ20分煮るだけ

これで効率的に栄養がとれます

 

 

ピーマンの栄養を捨てない切り方

  • 風邪予防に必要なビタミンc&ベータカロチンを多く含む
  • 繊維に沿った縦切りが栄養を逃さない。輪切りはNG!
  • ピラジンが血流をよくするので冷え症改善になる
  • ピラジンはワタと種に多い

 

 

ブロッコリーの栄養を捨てない切り方

  • 肝機能を高める・美肌に効果的なスルフォラファンを多く含む
  • 切って茹でる前に5分放置
  • スルフォラファンは切って5分放置すると作成される

 

 

ニラの栄養を捨てない切り方

  • 疲労回復に効果があるアリシンが多く含まれる
  • 根元にアリシンが豊富がある
  • 葉先にビタミンが多く含まれる
  • 根元は細かく刻むとアリシンの吸収アップする
  • 葉先はざく切りが良い

 

ごぼうの栄養を捨てない切り方

  • 脂肪をたまりにくくするクロロゲン酸が豊富
  • クロロゲン酸を多くとるには水に溶けやすいので、大きく切るほうが良い

 

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください