Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

名医のTHE太鼓判!健康に良いから揚げの作り方

4月1日の名医のTHE太鼓判は油の効果的な取り方新常識

 

健康に良いから揚げの肉の選び方

  1. もも肉はむね肉の脂は2倍以上で、むね肉にはイミダゾールペプチドという抗疲労物質が多いのでむね肉がおすすめ
  2. 鶏肉の皮はとらずに揚げるほうがコラーゲンの摂取もできるし、揚げることで脂が溶けだす
  3. 揚げ物は表面積が増えれば増えるほど油を吸うので、大きめに切ったほうが油の吸収率が低い
  4. 鶏肉をスポーツドリンク15分漬けこむ(スポーツドリンクには、塩のたんぱく質の保水効果を高め、コラーゲンの保水効果を砂糖が高める。
  5. お肉500g+スポーツドリンク大さじ1+しょう油大さじ1をもみ込む
  6. 揚げる時は、高温に強い米油やオリーブオイルを使い、低温でゆっくり揚げるほうが美味しく食べられる。焦げると老化の原因のAGESが発生してしまうのでそれを防ぐ
  7. 低温でじっくり揚げてから一旦取り出し、余熱してから、高温で2度揚げする。(油は高い温度のほうに溶けだすので、高温で2度揚げすることでカラっと揚げる)
  8. ゴハンを炊く際に、ココナツ油を入れることでお米をココナツ油がコーティングし血糖値の急上昇を防ぐ
  9. 付け合わせにブロッコリーを添えるなら茹でずに電子レンジ加熱する
  10. ほうれん草のおひたしに米油+レモン+かつお節が相性抜群

 

 

赤石先生の本

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください