あさイチ:若くても発症!更年期に多い意外な心臓病!微小血管狭心症

若くても発症!意外な心臓病

 

狭心症:心臓の血管が細くなる

心筋梗塞:心臓の血管が詰まって壊死してしまう

 

更年期に多い謎の狭心症

  • ノドや胸や背中の痛み
  • 徐々に痛みの感覚が短くなってきた
  • 色々な病院に行っても原因がなかなかわからない

 

 

微小血管狭心症

  • 心臓の細い血管が細くなる
  • 細い血管なので、検査してもわからない
  • 10人に1人の割合で経験(40代後半~60代)
  • 閉経前後の女性が圧倒的に多い
  • 安静時に症状が出やすい
  • 痛みが5分~半日続く(通常の狭心症5分でおさまることが多い)
  • 胸・歯・あご・背中・胃・腕などの息が止まりそうなギューとした痛み
  • 女性ホルモンのエストロゲンの減少が原因
  • エストロゲンは血管拡張作用があるが更年期エストロゲンが減るので起きる可能性あり
  • 循環器内科を受診を。全く問題と言われたら、「微小血管狭心症」では?と質問できたらいい

 

 

治療方法

  • カルシウム拮抗薬⇒心臓の微小血管を広げる役割がある
  • 更年期を通りすぎると無くなってくる人もいる

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です