Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

うなぎ屋の大将に学ぶ熱中症対策3ポイント@健康カプセル

今日8月6日は今年2回目の土用の丑の日
ウナギを食べて夏バテ予防!ということで、うなぎ屋さんは大忙し。

鰻を蒸して焼いてと、うなぎ屋さんの厨房はまさに灼熱地獄。そこでうなぎ屋さんの大将に熱中症対策を、健康カプセル元気の時間で教わりました。

 

 

うなぎ屋の大将に学ぶ熱中症対策3ポイント

 

その1:麦茶を大量(1日4ℓ目標)に飲む

  1. 麦茶は水分補給だけでなく、発汗で失われがちなミネラルの補給になる
  2. ノンカフェインのため利尿作用が無いので、水分がうしなわれにくい
  3. 香り成分の「ピラチン」に血液サラサラ効果がある

*常温で飲むほうが胃腸に負担が少ないのでおすすめ

*通常は最大2リットルの汗をかく可能性があるので、なるたけ沢山水分をとるようにするのがおすすめ

 

その2:タオルで巻いた保冷剤を首すじにまく

首すじには、皮膚近くに太い動脈があるので、効率的に身体を冷やすことができる。

他にもわきの下や、鼠蹊部(足の付け根)を冷やすと効果的です。

 

ハッカ油も効果的に使うといいですね。

熱中症対策をハッカ油でする3つの方法

その3:熱中症に効果的な食べ物のぬか漬けを食す

ぬか漬けの良いところ

  • 塩分補給
  • 乳酸菌による整腸作用

小腸は、水分・ミネラルを吸収する場所。体温調節や自律神経の調節にも小腸が関わっていると言われるので、腸の環境を整えるのがとても大事となるのです。

 

こんなお手軽ぬか漬け技もあります。

パン粉でたった3時間でぬか漬け風お漬物が出来上がる!「得する人損する人」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください