あさイチ:パックもちを1mのばす方法&昔話に出てくるぷっくり餅の作り方

 

2018年新年初めてのあさイチは、余った「もち」で100倍楽しむ裏技のご紹介でした

伸びる餅をつくるには、水分を沢山含ませるのがポイント!

 

のびーる餅の作り方

  1. 鍋に水ともちを入れて強火にかけ、水が沸騰したら弱火にして餅が柔らかくなるまで8~10分ほどゆでる。
  2. ゆでたもちをすり鉢に取り出す。
  3. ゆでた湯は、30~40ミリリットルほど残しておく。
  4. 取り出したもちに砂糖を加え、すりこぎで練るように混ぜていく。混ざりにくければ状態を見ながら(2)で残した湯を少しずつ加えていき、もちが柔らかくなるまで練りこんでいく(約15分)
  5. 砂糖はパック餅1個に対して小さじ2

砂糖の保水作用がお持ちのでんぷんに水をからませ、時間がたっても柔らかいおもちになる。

 

おすすめの食べ方

  • 甘いのでイチゴ大福などを作って食べるのがおすすめ
  • アイスを包んでも美味しい。

 

*注意!柔らかいので喉につまらせないように。よく噛む・小さく切って食べるなどの工夫をしてください。

 

スポンサーリンク


昔話に出てくるぷっくり餅

昔話や漫画などのイラストで出てくるぷくーっと膨れたおもち。

こんなやり方をすればできるそうです。

時間はあくまでも目安なので、最後の手順の加熱する時は、トースターにはりついて確認するのがいいかもしれません。

 

つくり方

  1. パックもちを1,000ワットのトースターで2~3分ほど焼く。膨らみそうになったら一度トースターの加熱を止め、余熱で2分ほどあたためる。
  2. もちをトースターから取り出し、表面に十字の切込みをいれ、切れた角を上にめくる。
  3. 再び、もちをトースターに戻し、膨らむまで1~2分加熱する。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.