Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

健康カプセル!ゲンキの時間:正しい糖質制限のロカボダイエットのやり方

今、多くの人が実践している、米や麺類を控える糖質制限。

実践すれば痩せやすいだけでなく、老けにくい、睡眠の質が改善などメリットは多い一方で、間違った方法で行うと、便秘・悪玉コレステロールが増えるなど様々な身体のトラブルを招く恐れがあり、最悪の場合、命の危険があるのではないか!?という報告もあります。

今回の健康カプセル!ゲンキの時間のテーマは、糖質制限の正しい知識とメニューの紹介がありました。

 

糖質とは?

  • 炭水化物ー食物繊維=糖質

糖質オフ・糖質制限の商品が増えていて、年商300億円規模に。

 

  • 回転寿司チェーン店くら寿司では人気!糖質制限メニューにシャリが小さいシャリプチや、シャリの代わりに野菜にしたシャリ野菜、麺ぬきラー麺などという工夫も

 

糖質ダイエットとは?

  • 1920年代に糖尿病治療の食事法として始まった
  • 食事中の糖質が肥満の原因になる
  • 糖質を取り過ぎると内臓脂肪が増える
  • ダイエット効果が高いが、リスクも高いので、正しい糖質制限の知識が必要
  • 糖質を控えすぎると、体重が減るのが早いが疲れやすい・骨粗鬆症のリスクも増える
  • 糖質制限をすることでケトン体が増えすぎると悪玉コレステロールが増えすぎる可能性も

スポンサーリンク



 

 

正しい糖質制限のロカボとは?そのやり方

  • ロカボ⇒穏やかに糖質を制限する
  • 1日の糖質量を70~130gにする
  • 主食からとる糖質を制限する
  • 適量のご飯の量は⇒70g(通常の4分の1くらい、食パン6枚切り1枚・うどんは半玉くらい)
  • 主食を控えれば、おかずはお腹いっぱい食べていい!

 

ロカボのダイエット以外の2つの効果

  • 睡眠の質の改善⇒オレキシンの分泌量の減少などで昼間の眠気の減少につながる
  • アンチエイジング⇒シミやシワの原因の糖化を防ぐ

 

スポンサーリンク



ロカボのおかずの選び方の工夫とは?

  • 豚カツ自体はセーフ!かけるソースには糖質が多いのでレモンや塩で食べる
  • ケチャップは糖質が多いがマヨネーズは意外に糖質が少ない
  • 魚は糖質が少ないのOKだが、魚の煮つけは調味料に糖質が多いので刺身・塩焼きがおすすめ
  • 塩分量の多い食事はごはんが欲しくなるので注意が必要
  • 果物に含まれる糖質(果糖)はお米より中性脂肪が増えるので、太りやすい
  • じゃがいも・さつまいも・カボチャは糖質が多い

*あまり神経質になり過ぎると続かなくなるので、ゆるーく行うのがポイント。

*最近の通説は、ダイエット中にも油は、代謝維持に必要な栄養素となっていると言われている

 

ゆりあんがロカボダイエットに挑戦!

梅ズバッ:麻生式ロカボダイエットにゆりやんレトリィバァが挑戦!10日で-8.3㎏減!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください