Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ごごナマ:止血や骨折固定の正しいやり方&供えておきたい応急セット!すぐに役立つ応急手当

3月12日のごごナマのテーマはすぐに役立つ応急手当

 

応急手当の3本柱

  1. 止血
  2. 骨折の固定
  3. 心肺蘇生

 

止血の正しいやり方

なんと平野レミさん昨年、電動のこぎりを踏んで大量出血したんだそうです。

  1. 安全確認
  2. 意識や呼吸を確認
  3. 必要なら心肺蘇生&救急車手配(1人で全部やろうとせずに助けを呼ぶ)
  4. 感染防御のためにゴム手袋(なければレジ袋で代用)軍手など血液がしみ込むものはNG
  5. 出血部位の確認(ガラスなどが刺さった場合は抜き取らない)
  6. 止血(ガーゼやタオルなどで押さえつける。5分~10分)。出血部位を心臓よりも高い位置へ
  7. 血が止まったらガーゼをテープを貼り、包帯を心臓から遠い場所から付け根に向かって巻く(締め付けすぎないように巻く)
  8. 巻き終わった箸を2つに割いてかた結びする
  9. 結び目と包帯の間に指2本入るくらいのゆるい結び方になっているか確認する

 

注意
やってはいけないこと

  • ティッシュは使わない
  • 割ゴムや糸でしばらない
  • 傷をチラ見しない

 

骨折の固定

  1. 安全確認
  2. 痛いところを聞く
  3. 新聞紙・週刊誌・折りたたみ傘などで固定する
  4. 三角巾でつるす

 

供えておきたい応急セット

  • アルミシート
  • ゴミ袋
  • 滅菌ガーゼ
  • 使い捨て手袋
  • 三角巾
  • はさみ
  • 包帯・ばんそうこう

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください