Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

健康カプセル!ゲンキの時間:冬こそ摂りたい多機能ビタミン!その名はビタミンD

2月10日の健康カプセル!ゲンキの時間は冬こそとりたいビタミンD!

骨・血管・インフルにも関係がある「ビタミンD」が不足しがち、といわれる日本人…今回は「ビタミンD」不足が招く病気や、効果的に摂る方法の紹介です。

 

ビタミンD不足の影響

  • 骨粗しょう症
  • いつのまにか骨折

 

ビタミンDの特徴

  • 骨の生成に重要なビタミン
  • ビタミンDはカルシウムの吸収を促し、骨へ運び骨を丈夫にする。
  • 50代以上の人の7割以上がビタミンD不足
  • ビタミンDを多く含む食材⇒青魚・きのこ
  • きのこ類にはエルゴステロールというビタミンDになる物質が含まれ、調理前に日光にあてるとビタミンDが10倍になる
  • 酒・たばこの習慣がビタミンDの流出を招く
  • ビタミンDは唯一体内で合成できるビタミン
  • 紫外線にあたることで肌のコレステロールがビタミンDになる
  • 極端な紫外線対策はビタミンD不足を招く
  • ウィルスが粘膜にくっつき増殖するのを防ぐ
  • ビタミンD不足の人は頸動脈のプラークを持っている人が多い傾向があり、動脈硬化のリスクが高まる
  • 糖尿病発症リスクの軽減
  • 認知症予防

 

ビタミンDを減らす生活習慣

  • 飲酒
  • 喫煙
  • 運動不足
  • 肥満
  • バランスの悪い食事(極端なダイエット・冷凍食品の多食)
  • 極端な紫外線対策

 

 

ビタミンD不足を解消する日光浴の時間

  • 冬場には10時~15時に合計45分
  • 少なくとも週に2回、屋外で15分程度日光浴
  • 窓ガラスを通した日光浴は効果なし

 

 

ビタミンK

  • ビタミンDと一緒にとることで骨を形成することに必要なビタミン
  • 止血作用(かさぶたを作る)
  • 多く含む食品:納豆・青菜

 

骨粗しょう症予防の対策

  • かかと落としを1日30回目安で行うことで、骨の形成を促す

 

あさイチのビタミンD特集

あさイチ:あなたの骨は大丈夫?健康も美容も驚きの骨パワー。ビタミンDがキーポイント!

 

 

かかと落としが最強説

  • 簡単にながら運動でできるかかと落としが様々な病気リスクから救う

かかと落としが、健康になるための簡単運動最強説?

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください