Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あさイチ:子どもの食物アレルギーは安全量を食べて治す!

最新のアレルギー治療では、アレルギー源の食材を完全に除去するのではなく、あえて安全量を食べて治す食事療法が注目されている

 

食べて治す食事療法

  1. 病院でどこまで安全に食べられるか、少量で検査する
  2. 牛乳アレルギーの子の場合
  3. 1回目02ml⇒30分経過して症状が出ないか?⇒2回目0.5mlとどこまで大丈夫か検査
  4. 牛乳の含有量の食品一覧表を見て少しずつ食べていく

 

注意
安全を確保するために、医師の指導を守ることが重要! 自己流は危険

 

小児科のアレルギー医の検索

日本アレルギー学会のホームページで検索

 

ガッテンでの子どものアレルギー特集

ガッテン!食物アレルギーの新常識!食べてないのにさわり過ぎで突然発症!?子供のアレルギー対策最新情報

 

アレルギー源が皮膚から入るケースも多い

食物アレルギーは、食べてなるばかりでなく、皮膚から入る場合や花粉症がきっかけで発症する場合もあることがわかってきた。

アトピー性皮膚炎などで肌荒れを起こしている場合もリスクが高くなるので保湿が大事です。

あさイチ:食物アレルギーのきっかけは手荒れ!?手荒れを防ぐ保湿剤の正しいぬり方

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください