Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

趣味どきっ!おひさまライフ:手作り干物のポイント

初めて干物に挑戦する場合は、さばく手間が省ける切り身の魚がおすすめ。干す場所や干す道具は干し野菜と同様。

干し野菜の場合は何日かかけて完全にカラカラに乾燥させますが、干物は数時間たっぷりの陽と風にあてるだけでOK!

見た目は魚の表面に軽く膜がはったように見えるくらいです。

 

魚を干すときのポイント

  • 干す時間帯は6~10時くらい、あるいは14時~17時くらい
  • 皮を下にしてすき間をあけて並べる
  • 表面が乾いたら時々裏返す
  • 干し加減の目安は、指で押して指紋がつくようになってから20分ほど(表面に薄く膜がはったような状態)

 

塩水などの溶液につける場合のポイント

  • 塩加減はお好みで
  • おすすめは、水100mlに対して塩10g(9%濃度)。この濃度だと漬けたあとに水で洗い流す必要なし

 

干物の保存方法

  • 干した日に食べるのがベスト!
  • 保存する場合はラップに包んで冷蔵庫で3日。冷凍庫なら2週間程度

 

ゆず皮風味溶液のつくり方

  1. 柚子の皮6gと塩20gをフードプロセッサーにかける
  2. 塩がゆずの香りを吸ったらカップ1の水でのばす
  3. 鮭などの魚の切り身を20分間つける
MEMO
溶液につかりきらない場合は、途中1回裏返してまんべんなく溶液につかるようにする

表面が乾かないようにつけている時は軽くラップをしておく

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください