「主治医が見つかる診療所」ポリフェノールを上手に食べるアンチエイジングレシピ

今回の主治医がみつかる診療所のテーマは「ポリフェノール」

 

ポリフェノールとは?

  • 植物の渋みや苦み・色のもと
  • 植物が虫などに食べられないために作って蓄えている成分。

 

その種類の数は?

  • 5000~8000種類あるともいわれている。
  • よく知られるものでは、大豆のイソフラボン・緑茶のカテキンなど、これもポリフェノールなの?というよく知られた名前のものも多いです。

 

多く含まれる野菜ベスト5

  1. ほうれん草
  2. 玉ねぎ
  3. ジャガイモ
  4. トマト
  5. 人参・大根

 

となっています。ほうれん草が1位なのはちょっと意外でしたが、ポパイのパワー食はほうれん草でしたね。そういえば。

 

ポリフェノールの上手な取り方

  • 身体の吸収は早いが、出ていくのも早いので、4時間以内にこまめにちょこちょこ食べる
  • 色の種類によって含まれるポリフェノールの種類も違うので、色々な色(レインボー)の野菜をとるようにする。
  • 水に溶けやすいので、お茶やスープなどで汁ごと頂けるものが無駄が無い

彩りよくを意識すれば、きっと上手にポリフェノールをとることできますね。

 

コーヒーで肌のシミ予防

・飲み物の中でもコーヒーは多くのポリフェノールが含まれており、
近藤教授らの研究によると、コーヒーを普段からよく飲んでいる女性は、
あまり飲まない女性に比べ、顔のシミが少ない傾向にある事が分かった。

 

スポンサーリンク



 

お酒が飲めない人でも大丈夫な赤ワインを使った料理レシピ

 

サバ缶の赤ワイン中華風味噌煮

材料(4人前)
サバの水煮缶(2缶)・豚ひき肉(100g)・ナス(4本)・赤パプリカ(2分の1個)
赤ワイン(3/4カップ)甜麺醤(80g)・赤唐辛子(少々)

 

作り方
①フライパンで豚ひき肉 ナス 赤パプリカを炒める
②赤ワインを入れてアルコールを飛ばす
③サバ缶、甜麺醤を加えて煮こみ赤唐辛子をかける

 

スポンサーリンク



 

ブラック肉じゃが

材料(4人前)
ジャガイモ(4個)・タマネギ(1個)・ニンジン(2本)
牛肉(200g)・カツオダシ(2カップ半)・塩(少々)
みりん(大さじ6)・濃口醤油(大さじ4)・赤ワインのつめ(適量)

 

作り方
①適当な大きさに切った野菜を牛肉と炒める
②カツオダシと調理料を加えて煮込む
③仕上げにワインのつめを加えて煮込む

 

スポンサーリンク


 

ポリフェノール野菜の赤ワインキーマカレー

材料(4人前)
豚ひき肉(200g)・ナス(4個)・ピーマン(4個)・ゴボウ(100g)
レンコン(100g)・タマネギ(1個半)・枝豆(適量)
ショウガ ニンニク(各1片)・カレー粉(大さじ4)・味噌(大さじ2)
ウスターソース(大さじ2)・醤油(少々)・オリーブオイル(大さじ3)
赤ワイン(1カップ)

 

作り方
①みじん切りにした野菜とショウガ、ニンニクをオリーブオイルで炒める
②豚ひき肉とカレー粉を加え そぼろ状になるまで炒める
③赤ワインを加えて煮詰め、枝豆を足して調味料で味を調える

 

 

まとめ

 

ナスの紫・パプリカの赤・人参のオレンジ・ほうれん草の緑など、

食卓の彩り豊かにすればアンチエイジングなメニューになりそうです。

目にも身体にもいいレシピをどんどん食しましょう♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です