ガッテン!使わなきゃ損!東海の赤みその真実!ガッテン流味噌だまりの作り方

 

東海の赤みそは三重・愛知・岐阜の3県で9割を消費

他の県の人のイメージは濃くて塩分も高そう・・

 

東海の赤みそ

原材料が違う!

  • 大豆+塩で作る⇒豆味噌とよばれている
  • 他の味噌は、麦+大豆、米+大豆などと大豆と他の穀物を組み合わせている
  • 香り・甘みが米みそに比べて少ない
  • コクが深い

 

赤みその濡れぎぬ⇒赤みその真実

  • 色が濃すぎる⇒赤い色がコクの素!
  • いろんな料理に使い過ぎる(土手鍋・みそかつ・味噌煮込みうどんなどなど)⇒調味料として使える
  • しょっぱそう⇒塩分はコクでカバーするので、逆に塩分を抑えることができる

 

メイラードペプチド⇒赤みそのコクの素

 

赤みそは煮込むほどさらにコクアップ!

  • カレーの隠し味に赤みそを入れると美味しくなる

 

スポンサーリンク


豆味噌の上手な使い方

 

柚子味噌

  • 豆味噌+柚子
  • ご飯にそのままのせて食べると美味しい

 

肉みそ

  • 玉ねぎ+ひき肉を炒めて赤みそで味付け
  • うどんに絡めたり、お豆腐にトッピングすると美味しい

 

肉料理の下味にぴったり

  • フランス料理でもフランス人シェフが活用

 

 

ガッテン流みそだまりの作り方

  • 濃い口しょう油 5
  • 赤みそ     1
  • 5:1の割合で混ぜる。
  • ぶり大根やチャーハンなどに活用。塩分半分で済む

 

豆味噌カレー

  • 玉ねぎを炒める時に豆味噌を一緒に炒めることで、コクアップ

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.