Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あさイチ:目からウロコの防災講座

防災教育のプロの諏訪清二さんに教えていただきます。

 

災害シミュレーション

  • もしも地震が起きたらと想像してふせんに書きだす。家族みんなが自分で書く
  • 平日の15時に地震があったと想定して考える(家族がみんなバラバラにいるような時間帯)

最低限決めておくこと

  • 連絡手段は複数用意する
  • 待ち合わせ場所はより具体的に決めて、時間も決めておく

 

雨の時に地震が起きたら必要なもの

  • ヘルメット
  • レインコート

 

夜に起きた時に必要なもの

  • ヘッドライト(電池の用意も忘れずに)
  • ランタン

 

家族に高齢者がいる場合は

  • お薬手帳
  • 歯ブラシ(肺炎予防)

ペットを飼っている場合

  • ペット用食料
  • 首輪に連絡先

 

マンション防災の落とし穴

  • 担架が実際使えるか確認(場合によっては階段を下りられないかも)
  • 布担架を用意しておく
  • 安否確認方法を事前に決めておく(みんな無事ならタオルを玄関にかけておくなど)

 

 

 

スポンサーリンク


災害シミュレーションを行ううえでのポイント

ポイント1:誰とも相談せずに書く

 

ポイント2:書き終えたら家族に説明する

  • 説明することで気づくことがある(子どもをどちらが迎えにいくか?家族しかわからない待ち合わせ場所を決めておく)
  • 想像力がパニックを防ぐ
  • モノが散乱しないように事前に留めておく
  • マンガ本は防災アイテムになる(散乱時に飛び石のように使うことができる)

 

 

スポンサーリンク




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください