Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あさイチ:スマホのやり過ぎであごの不調?あごの不調改善ストレッチ方法!

 

今日のスゴ技Qはスマホの使い過ぎによる身体の不調&解消方法の特集です。

スマホのやり過ぎで、あごまで不調が出るのだとか・・・。

 

スマホのやり過ぎによるあごの不調

  • スマホを見る⇒長時間下向き
  • 首の筋肉が滞り⇒あごを圧迫
  • あご周りに筋肉の血流の滞り⇒口があきにくい!痛い!
  • 食事・会話がしにくくなる
  • 頭痛の原因にも・・

 

 

あごの不調を改善するストレッチ方法(わきの下クンクンストレッチ)

 

体を自然にひねり、首の筋肉を伸ばし、血流を改善するストレッチです。

座ってでも立ってでもOK。わきの下の臭いをかぐようなイメージで行うのが良いです。

 

  1. 右手で左耳の後ろを押さえ、右手の力で頭を傾かせる
  2. 左手は床に向かって伸ばし、いちばん伸びたなと感じるところで止める
  3. わきの下を嗅ぐように(鼻をわきの下にもぐり込ませるように)、手の力を使って回転させる(体をひねる)。これを10秒キープ。
  4. ゆっくりひじを背中の方にひねり、10秒キープ。
  5. そして、あごをわきの方にスライドさせ、10秒キープ。
  6. ゆっくり戻す。急に戻すと首を痛めるので要注意!

※同じように反対側もやる

 

*あごだけでなく、首や肩のストレッチとしても効果的

*時間がある時にいつでもいいのでちょこちょこやるのがおすすめ!

 

 

咬筋・側頭筋ストレッチ方法

表情も豊かになり、自然な笑顔ができるようになる

 

  1. こめかみを3本指で触る
  2. 下にさげて頬骨を探す
  3. さらに手をさげてガクンとくぼむ場所を探し、オレンジをつぶすような強さで押す
  4. 500円玉の大きさの円を描くように10回ほどマッサージする
  5. 口を開けた状態で反対回しをする10回ほどまわす

 

*腕が疲れてしまう人は、頬ずえをつく体勢でやるのもOK

*小顔効果も期待できる

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください