ヒルナンデス!寝苦しい梅雨&夏もぐっすり!快眠法

快眠度チェック

  1. 帰宅後ドアや窓を開け喚起している
  2. 夏でもパジャマは長ズボン
  3. お風呂は睡眠の1時間以上前に住ませている
  4. 寝る前にコップ1杯の水を飲む
  5. 真夏に寝る時はエアコンを使う
  6. 季節の合わせて変えている敷きパットやシーツを変えている
  7. 仰向けに寝ている
  8. 目覚ましはスマホをつかっている
  9. ひと晩じゅう頭は枕の上にある
  10. よく昼寝をする

 

快眠のポイント

  • 短時間でも換気をして空気を入れ替えるがおすすめ
  • 夏でもパジャマは長ズボンがおすすめ。足のこむらがえり予防になる。
  • お風呂は1時間以上に済ませると、眠気モードに突入にはお風呂後1時間。少しぬるめのお風呂(38度~40度)に入る
  • 寝る前にコップ1杯の水を飲むことで、睡眠中の乾燥を防ぐ
  • ノンアルコールビールは眠りの質をよくする。(原料に含まれるGABAが寝つきをよくする)
  • 真夏は我慢せずにエアコンをつけて寝苦しさを感じず熟睡できる
  • ポリエステル綿の敷きパットだとむれるので、麻や竹のもの通気性の良いものを使う
  • 背中の下に横向きにシーグラスマットを敷くことで通気性をよくする方法もあり
  • 短時間の昼寝(正午から午後3時に20分程度)は仕事の効率アップになる
  • 昼寝前に1杯のコーヒーで目覚めがよくなる

 

横向きに寝る場合

  1. 厚めのバスタオルを足の間にはさむ
  2. 胸のところにクッションをおく

 

うつ伏せ寝の人のポイント

  1. 腕の下にバスタオル1枚挟む
  2. 同じ方向の足の下にもクッションを挟む

 

昼寝に便利なゆび枕

シーグラスマット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.