Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

健康カプセル!ゲンキの時間:スマホ・PCで脳過労!脳過労回復のデジタルデトックスツアー概要

6月9日の健康カプセル!ゲンキの時間のテーマは脳疲労。

生活に欠かせないスマホをはじめとしたデジタル機器。使い過ぎると脳の異常事態「脳過労」を引き起こすと言われています。

今回は、スマホの使い過ぎが脳に与える影響と対策法のご紹介です。

 

脳過労とは?

  • 脳が疲労して疲れがたまっている状態
  • 人の名前を思い出せない・集中力や意欲の低下・不眠・肩こりめまい・人と話すことが苦痛などの認知症の初期症状のような症状が出る

 

脳過労の原因

  • 暇つぶしのスマホ(ながらスマホ)
  • 脳のオーバーワーク
  • デジタル機器からの視覚に入る情報は、情報量が多く整理できずに
  • デジタルマルチタスクは最悪

 

脳過労の回復方法

  • ボーっとする時間が脳の整理に大事。
  • ボーっとする回路(デフォルトモードネットワーク)が働くことで脳内の情報を整理し、脳過労(脳内のゴミ屋敷状態)を解消する

 

脳過労チェックリスト

  1. よく眠れない事が多い
  2. ここ数年物忘れがふえた
  3. よくイライラする
  4. やる気・興味がわかなくなった
  5. 仕事・家事の段取りが悪くなった

3つ以上当てはまると危険

 

デジタルデトックスツアー

  1. スマホを預ける
  2. フィルムカメラで記念撮影
  3. アーシング:裸足で大地を踏む
  4. まき割り&キャンプファイヤー⇒たき火の火を見つめることでデフォルトモードネットワークの活性化して脳過労を解消

 

日本デジタルデトックス協会

 

家でできる脳過労回復方法

単調なリズム運動が良い

  • 足ぶみ
  • 皿洗い
  • キャンドル

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください