Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

栄養が台無し知らずに食べてた残念ゴハン!野菜(トマト・じゃがいも・たまねぎ)の正しい保存方法

1月4日の栄養が台無し知らずに食べてた残念ゴハン!

栄養をあまさずとるためには食材の正しい保存方法をマナブのが大事

 

トマトの正しい保存方法

  • 冷蔵保存はアンチエイジング効果を4割減になってしまう
  • トマトは寒さが苦手なので常温保存がおすすめ
  • 冷えたトマトが食べたい場合は1時間前に冷蔵庫に入れる
  • 温かいトマト料理はリコピンの吸収率が3倍あがる

 

じゃがいもの正しい保存方法

  • じゃがいもは冷蔵保存がおすすめ
  • じゃがいもに豊富にふくまれるでんぷんが0度近くなると防衛本能が働き栄養分が増える

 

たまねぎの正しい保存方法

  • 玉ねぎは日陰で保存すると血液サラサラ効果が8割減
  • 血液サラサラ効果のケルセチンが太陽にあたると増える
  • 玉ねぎの皮をむいた状態で1週間陽にあてて保存することで4倍に増える

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください