林先生の初耳学!辞書は引く物じゃなくて読む物!

 

今年1月に10年ぶりの改訂版「広辞苑」…「広辞苑は引く物じゃなくて読む物!」と熱弁をふるう林先生流

、広辞苑の楽しみ方とは?進化する「言葉」の面白さと広辞苑の魅力をたっぷり解説する。

 

東大生が小学生の時ににしていたこと。⇒事典を読むのが楽しかった

林先生は大学時代に2回広辞苑を読んだ。漢和辞典は5回精読

知というものが無数に散らばっているものを、50音に並び替えたものが広辞苑

 

電子辞書でピンポイントで調べるのは便利だが、辞書を本のように読むと知識の冒険が始まる…。

 

敷居が高い

  • 不義理をしていきにくい
  • 高級だったり格が高くて敷居をまたぎにくい(今回追加)

 

ゴチ

  • 今回から追加した言葉。

 

 

林先生は、広辞苑は重いので、漢和辞典を持ち歩いてたんだそうです。

小学校入学前に小学館こども事典8冊を丸暗記していたそうです。

 

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.