Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

林修の今でしょ!講座:驚きの納豆パワー!ナットウキナーゼが血栓を溶かしてくれる!医学的に正しい納豆の食べ方とは?ご当地納豆レシピ

 

吉田栄作さんは、人生最後の日に食べるものは温かいご飯に納豆がいい!いうほど大好き

納豆の年間売り上げ額は2140億円

 

 

血管がふけるとは?

  1. 血管が詰まる
  2. 血管が固くなる

 

 

納豆の4大栄養素

 

1.ナットウキナーゼ

  • 血栓を溶かしてくれる
  • 血栓をバラバラにしてくれる
  • ネバネバの中にある成分

 

2.レシチン

  • レシチンが血管を固くさせない
  • 大豆の部分に含まれる栄養素
  • 悪玉コレステロールを減らしてくれるので血管の壁を汚さない
  • 血管のコブを作らないようにする
  • 脳の健康にも良い

 

3.大豆イソフラボン

  • 血管を丈夫にする

 

4.ビタミンK2

  • 上質で健康な骨を作るにはビタミンK2が重要
  • オステオカルシンの働きを活発にしてくれるのがビタミンK2
  • 上質な骨を作るには、納豆1パック
  • ひきわり納豆が1番ビタミンK2が多い。粒納豆の1.5倍含まれる
  • ひきわり納豆のほうが表面積が多く納豆菌も多い

 

スポンサーリンク


 

医学的に正しい納豆の食べ方

 

納豆のかき混ぜ方

  • よくかき混ぜることで、胃酸でナットウキナーゼが溶けないようにネバネバ成分が保護してくれる
  • 糸が引くまで50回程度がおすすめ
  • 納豆のネバネバ成分が粘膜保護の効果もあるので、花粉症や風邪予防になる

 

 

タレは混ぜた後に入れる

  • 混ぜる前にタレを入れるとネバネバしなくなる
  • 後にいれたほうが、栄養も美味しさもアップする

 

納豆は冷ましたご飯にかけるのがおすすめ

  • ナットウキナーゼは熱に弱く50度で活性がにぶくなり70度でほぼ機能を失う
  • アツアツご飯は80度くらい
  • 納豆は最後にトッピングが良い

 

納豆は夜食べるのがおすすめ

  • 血栓は睡眠中にできやすいので、ナットウキナーゼを有効活用になる
  • 納豆は1日2パックまでがおすすめ(他の有用菌を殺してしまう)

 

冷蔵庫からしばらく置いてから食べる

  • ナットウキナーゼは常温におくと増える
  • 20分くらい常温においておくほうが良い
  • 冷凍で納豆菌は死なないのでおすすめ

 

納豆トッピング

  • 納豆に含まれるビオチンを生卵の卵白が吸収を阻害するので、使うなら温泉卵がおすすめ
  • ねぎにに含まれるアリシンが血栓を防ぐ
  • チーズに含まれるラクトペプチドが血管をしなやかにする

 

スポンサーリンク


ご当地納豆レシピ

 

熊本県:さくら肉+納豆

鳥取県:鶏ひく肉+納豆(スタミナ納豆)

 

名医がすすめるご当地納豆レシピ

そぼろ納豆(水戸):納豆に切り干し大根を混ぜる。しょう油と酢で味付け

  • 食物繊維が豊富

 

 

ひっぱりうどん(山形県)

  • サバの水煮缶・生卵・納豆・ネギを麺つゆで味付けしたタレでうどんを食べる

 

 

スポンサーリンク


名医のイチオシ!納豆のネバネバ爆弾

  • 納豆・マグロ・しらす・めかぶ・ミョウガ・だし・ごま油・卵黄・亜麻仁油を混ぜ合わせる
  • レモンなど柑橘類を絞ると納豆の匂いを抑えられる

 

 

スポンサーリンク


1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください