たけしの家庭の医学:認知症を招く毒素のLPSは口臭でわかる!LPSの撃退にはハチミツのフラボノイド!

 

認知症を引き起こす原因物質のLPSとは?

  • どの人の体にも存在する毒素
  • 何らかの原因で異常に増加すると細胞が炎症を起こして壊死してしまうことも・・・。
  • それが脳で起きると認知症の原因になる
  • LPSは常在菌が出している毒素
  • 口の中の常在菌の数は2000億。歯周病菌の悪玉菌がLPSを発する。

歯みがきをすればLPSを減らすことはできる?

  • 悪玉菌を減らすことはできるが、LPSを直接減らすことは難しい

 

 

LPSが増えている人の特徴

  • LPSが増えると口から特殊なガスが出る
  • 朝一番の口臭チェックするのがわかりやすい
  • 生ごみのような腐敗臭の匂いがLPSが発するガスの匂い

 

スポンサーリンク


 

 

LPSを撃退する生き物とは?

  • 蜜蜂(ミツバチ)
  • LPSより起きた炎症をハチミツが50%炎症を抑えたという研究結果がある
  • ハチミツに含まれるフラボノイドがLPSを撃退する
  • フラボノイド⇒ウィルスや細菌などを撃退する物質

 

ハチミツのフラボノイドの働き

  • 体内でLPSの働きを低下する
  • 細胞の炎症を鎮め元通りにする

 

ハチミツのフラボノイドのプロポリスを使っての実験がすすんでいる

 

 

番組で実験!

  • 毎晩ハチミツスプーン1杯をとる(LPSの減少)
  • 歯みがきを3食後になるべく早くしっかりする(悪玉菌を減らす)

5日間の検証で、LPSが発生するガスが4分の1に減少し、血液中のLPSもわずかだが減少が見られた。

 

長期間継続するといいかも。

 

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です