桃を皮まで美味しく食べる「桃のグラニテ」の作り方「あさイチ」

桃を食べてていつも思うのが、この皮捨てるの勿体無い。

皮と実の境目が甘いというお話しもあり、産地の方は、丸ごと食べるのが美味しいとのことです。

皮も食べたい!沢山もらって保存に困るという時にぴったりな、桃のグラニテの作り方です。

 

桃のグラニテ

材料(1人分)

  • 桃2個
  • 砂糖適量
  • 水適量
  • グラニュー糖お好みで適量

作り方

  1. ひたひたに浸るぐらいの水に、桃の皮と砂糖を適量入れて、煮詰めます。
  2. 皮の苦味が出ないように、皮が軟らかくなるまで、しっかりと煮込みます。
  3. ミキサーの中に、果肉と粗熱をとった桃の皮、水、グラニュー糖を適量加えて、しっかりとかき混ぜます。
    (水を多く入れると、グラニテの食感がシャリシャリになりますので、お好みで調整してください。)
  4. ミキサーにかけたものを、バットに移して一晩、冷凍庫で固めます。
    スプーンでほぐしたら、グラニテの完成です。

*冷凍庫で保存で1か月。

*保存袋で凍らせれば、手で揉んでほぐすこともできて便利です。

 

スポンサーリンク

 



 

まとめ

暑い夏にぴったりのデザートですね。

生産地の方は「桃はまるごとガブリと食べる!」が1番美味しい食べ方だといいますが、

糖分を運ぶパイプが皮の周りに密集しているので、これは理にかなっているのだとか。

ちょっと食べにくい産毛や、ちょっと心配な農薬は、洗うことで取り除かれるそうです。

これも1度試してみてもいいですね。

 

スポンサーリンク



 

桃関連記事はこちら

美味しい桃の見分け方は、茶色いプツプツに有り!&香り・味良し究極桃の冷やし術「あさイチ」

桃を美しく簡単に切る方法を老舗フルーツパーラーのシェフに学ぶ「あさイチ」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です