ガッテン!90分サイクルは都市伝説だった!?目指せ!超スッキリ究極の起床方法とは?

 

毎朝スッキリと目覚めたいあなたに、驚きの新常識を大報告!90分サイクルで起きればスッキリ目覚められるという話は、実は都市伝説だった!?

人によって、または日によってもレム睡眠が現れるのが様々。

昔の実験で、90分サイクルの人が多かったので、都市伝説のように90分というキーワードが残ったため。

 

 

世界で大人気!目覚ましアプリ

 

共通して持っている機能とは?

  • 1番目覚めのいい時に起こしてくれる
  • 体動時(寝ている時に身体が動いた時)に目覚めるようアラーム鳴るようになっている
  • すべてのアプリがこの機能を持っているとは限らないので確認は必要

 

 

睡眠中の音刺激の研究結果

  • 覚醒時 100%
  • ゴールデンタイム 90% (←ガッテン!が命名)
  • ノンレム 10%
  • レム 6%

「目覚めのゴールデンタイム」の存在が判明!

この時間に起こされると寝てはいるけれど、気配は感じるのですぐ目覚めが良かった(by ガッテンボーイ)

 

*ゴールデンタイムは自分で探すのは難しい

 

目覚めのゴールデンタイムとは?⇒神出鬼没に現れるごく浅い睡眠

 

*朝方になると目覚めのゴールデンタイムが増える

*すっきり目覚めるには6時間以上の睡眠が必要!

 

スポンサーリンク


アプリが無くてもスッキリ起きられる方法

  • ポイントは目覚まし時計のボリューム!
  • 耳をすまさないと聞こえないくらい音で設定しておくと、目覚めのゴールデンタイムの時だけ聞こえるので、自発的に起きることができるので、すっきりする!
  • 起きたい時間の20分前に目覚まし時計を設定する

 

やり方

  1. 目覚まし時計を2つ用意
  2. 起きたい時刻の20分前に1つ目のアラームをセット
  3. 音量は耳を澄ますと聞こえるボリュームに設定。(ボリューム設定が無い場合は、タオルなど目覚まし時計をくるむ)
  4. 万一気づかずに遅刻しないように、起きたい時刻に大音量のアラームもセット

*睡眠時間は6時間以上を確保

*目覚めた後は、朝日を浴びてしっかり朝ごはんを食べることで、リズムを整える

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です