あさイチ:だぶつきジュエリー大活用術・本物の見分け方(ダイヤ・真珠)&家庭での磨き方

 

ちょっとデザインが古い(バブル時代)もの、最近長く使っていないだぶつきジュエリーが

現在は海外で大人気だそうです。

10年前の2倍以上とも言われています。

その理由がデザイン技術が優れている。金が高くなっているということがあげられます。

 

最近は加熱や油を入れて、発色をよくしたジュエリーが最近増えている(byデヴィ夫人)

 

世代別ジュエリー保有数

  • 50代・60代の人が多い
  • 30代の人は興味が無い&イミテーションでもいいかなぁと思う人も多い

 

だぶつきジュエリー判定方法

  • まずすべて並べてみる
  • 使っているものと使っていないものを分ける
  • 将来子どもに譲りたいもの⇒使っているものに仕分け
  • 冠婚葬祭

 

 

たぶつきジュエリーの価値の調べ方

  • 刻印(K18・PT100)を調べる
  • 重さをはかる
  • 金のリサイクル相場をネットで調べる

 

本物ジュエリーの見分け方

  • 息を吹きかけると、ダイヤは一瞬でくもりがなくなるが、模造品はくもりが長く続く
  • パールとパールをこすり合わせるとザラザラしてるのが本物、模造品はつるつるしてる

 

スポンサーリンク


だぶつきジュエリーの磨き方

 

用意するもの

  • 台所洗剤
  • 歯ブラシ

 

やり方

  1. 歯ブラシに台所洗剤をつける
  2. 裏側を重点にゴシゴシ丁寧にこする
  3. 洗い流す
  4. 水気を切る

*歯ブラシ程度では傷つかないので大丈夫

 

洗剤・水で洗ってはいけないもの

  • エメラルド・真珠・赤さんご・トルコ石
  • 水の中の塩素が反応するのでよくない

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.