危険な「ピストル血圧」をまねく注意すべき3つのポイント「その原因、Xにあり!」

ピストル血圧とは?

「ピストル血圧」とは、運動、家事、ストレスなど ほんの些細なことで、血圧が一時的に40から50以上も跳ね上がってしまう危険な状態。

このピストル血圧は血管の壁をボロボロに傷つけ、心筋梗塞や脳梗塞など突然死を招く危険がある。

 

ピストル血圧を招く 注意すべき3つのポイント

(1)『朝から運動』

血圧は通常、寝ている間は下がり、朝は目覚める少し前から身体を目覚めさせるため急上昇する。

実際に目が覚めた時には、かなり血圧が高い状態になっており、その状態での運動は 心臓や血管に大きな負担がかかるという。

ゴルフなど早朝からの運動は、血圧が急上昇しているため、1番・2番ホールでの 脳や心臓の病気がかなり起こりやすい。

朝起きてから1〜2時間は、無理をしないことが大切!

 

これはゴルフに限った話ではなく、早朝のジョギングや、布団あげ」など力む行動は、血圧が急上昇してしまうので朝食を食べた後にゆっくり行うのがおすすめ。

 

(2)『急激な温度変化』

この暑い時期は、外出先から帰宅した直後の冷たいお茶や、入浴後にクールダウンのための扇風機の風を直接浴びるのは、冷たいと感じる刺激“寒冷刺激”によって血管が縮みあがり、血圧の急上昇を招く

 

(3)『メンタル』(ささいな感情の起伏)

イライラ・自分へのプレッシャー・興奮しすぎ(テンションアップ)などの日常で起きるささいな感情の起伏が実は、血圧の急上昇に関係している。

自分に優しく労わってあげると、それだけで血圧も落ち着くということです。

 

スポンサーリンク


 

 

高血圧になりやすい性格

  1. 几帳面
  2. 完璧主義
  3. 負けず嫌い
  4. せっかち

このような性格の人は、日々血圧を測るなど、「常に血圧を意識する」ことが大事。

血圧を気にしただけで血圧が下がったというデータもあるそうです。

 

まとめ

日常のほんの些細な事が、血圧急上昇の原因になることを、しっかり自覚し、

自分なりのリラックス術を身につけておくことが、高血圧予防に効果的ですね。

 

アロマを活用するのもおすすめです。

 

アロマの種類によっては、血圧を安定させてくれるものもあります。さりげなくお部屋に漂わせることで、リラックス効果も期待できます。

血圧降下作用(正常より高い血圧を下げる作用)のある精油

・イランイラン

・ラベンダー

・マジョラム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です