アルツハイマーを引き起こす原因は睡眠障害?

睡眠の質が悪いと脳内に老廃物や病変タンパク質が蓄積し、アルツハイマー病を引き起こす原因になる可能性があるという研究結果が、このほど米神経学会誌に発表されました。

 

睡眠障害の割合は?

睡眠の質が悪いと実感のある人がアメリカでは3人にひとり、全世界では4.5人にひとり、そして日本では5人にひとりという割合になっています。

日本でも睡眠障害をうったえる人増えてますよね。

アルツハイマーの原因

アルツハイマーの原因は、未だこれ!と確証のあるものは無いようですが、以下のことが原因と言われています。

  • タンパク質の一種のβアミロイドの蓄積
  • 遺伝性
  • 活性酸素
  • アルミニウム
  • 神経伝達物質の不具合

これに今回の睡眠障害が加わる感じなのですが、睡眠を改善するとこの中のほとんどが解決する可能性があります

 

良質な睡眠の効果

寝ている時は意識が無いので、身体は何にもしていないような気がしてますが、実は睡眠中のほうが身体はいっぱいお仕事してます

  • 身体の修復
  • 老廃物の排除の準備
  • 記憶の整理などなど

脳も身体の一部なので、当然よく眠れないと、老廃物をスムーズに捨てられない⇒アルツハイマーという流れが出来上がっていくのかもしれません。

但し!睡眠障害=即アルツハイマーというわけではありません。

 

スポンサーリンク



良質な睡眠&アルツハイマー予防にはアロマが効果的

 

 

アルツハイマーの検査項目に嗅覚検査というものがあります。比較的早い段階から嗅覚異常が起きる可能性があるので、嗅覚を使って早期発見をしようというものです。

 

アロマの香りは、精油の薬理成分は血液に乘って全身へ、そして香りの情報は電気信号となって直接脳に働きかけます。

なので、最近では認知症予防にアロマとよく言われるようになりました。

 

そしてアロマの香りには、安眠に導く作用(誘眠作用)を持っているものもあります。上手にアロマを使って、熟睡&アルツハイマー予防をしちゃいましょう

 

おすすめアロマレシピ

誘眠作用があると言われている精油が、ラヴィンツァラ・プチグレン・マジョラム・マンダリン・ラベンダーなど。

これらを使って、安眠スプレーを作成しましょう

安眠スプレーレシピ

  • ラベンダー10滴
  • マンダリン10滴
  • ラヴィンツァラ5滴
  • 無水エタノール 5ml
  • 精製水    25ml

これらを混ぜてスプレー容器に入れて、寝る前に使うのがおすすめです。

 

香りは2週間くらいで慣れてしまって効果が薄くなるので、2週間以内に使い切り、別の香りをブレンドして作成するのがおすすめです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です