Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

助けて!きわめびと:プロのひと手間で固くない!塩分控えめ!華やか高齢者料理レシピ

高齢者向け出張料理に力を入れている小暮剛シェフが教えてくれる

固くない!塩分控えめ!華やか高齢者料理レシピです。

秘訣はオリーブオイルを多用するのがおすすめ

 

野菜の和風オリーブ煮

 

材料

 

  • だいこん              1/2本
  • にんじん              1本
  • ごぼう               1/2本
  • れんこん              1節
  • パプリカ(赤・黄)         各1コ
  • ブロッコリー            1/2コ
  • いか                50g
  • エキストラバージンオリーブオイル  大さじ3
  • 和風だし              1㍑

 

つくり方

  1. それぞれの野菜の固さによって、別々に茹でる
  2. いかは表面と裏面を格子状に切り目を入れ、沸騰した湯で約30秒ゆでる。
  3. 野菜は和風だしで煮てつけておく(ブロッコリー除く)
  4. ブロッコリーといかは、ひと煮たちさせずに和風だしに漬けて味をなじませる。
  5. 仕上げにオリーブオイルをかけてできあがり♪

 

野菜のゆで時間の目安

  • だいこん 8分
  • パプリカ 30秒
  • ごぼう 7分
  • にんじん 3分
  • れんこん 2分
  • ブロッコリー30秒

 

スポンサーリンク


 

料理で使用する和風だしレシピ

 

材料(基本の分量)

  • 水        1㍑
  • だし昆布     8g
  • 干ししいたけ   8g
  • かつお節     適量
  • 塩        小さじ2
  • しょうゆ     20ml
  • みりん      20ml

 

つくり方

1)すべての材料を入れて煮る。

2)沸騰して2~3分したら、濾(こ)してできあがり。

 

スポンサーリンク



 

オリーブオイルみそソースの作り方

  • みそ・みりん・お酒を火にかけて混ぜ合わせる
  • 火から下ろしてオリーブオイルを混ぜてできあがり♪
  • 調味料の割合は、みそ1:みりん1:お酒1:オリーブオイル3

 

*和風野菜のオリーブ煮にかけて食べると美味しい!

 

スポンサーリンク


 

豆と豆腐のみそスープ

材料 2人分

  • 豆(水煮)            120g
  • 豆腐               1丁
  • なめこ              100g
  • みそ               大さじ2
  • 細ねぎ              大さじ2
  • 炒りごま             大さじ2
  • エキストラバージンオリーブオイル 大さじ2
  • 和風だし             600ml

 

作り方

  1. 和風だしに、豆、豆腐、なめこを加えて、ひと煮たちさせる。
  2. みそを溶きいれる。
  3. 最後にオリーブオイルをかけて、細ねぎ、炒りごまを加えてできあがり♪

 

スポンサーリンク



 

 

玄米オリーブごはん

材料:2人分

  • 玄米 2合(360ml)
  • 水 540ml(米の1・5倍)
  • ヒジキ 大さじ3
  • 干しアミ 大さじ3
  • かつお節 4g
  • 炒りごま 大さじ3
  • エキストラバージンオリーブオイル 大さじ2
  • 塩 小さじ1
  • しょうゆ 大さじ1

 

作り方

  1. 炊飯器内の玄米に水を加え、半日以上浸す。
  2. すべての材料を加えて白米モードで炊く。

*事前に玄米を水に浸しておくのと水分量を通常より1.5倍になっているので、炊飯器で炊く場合は玄米モードがなくても通常の白米モードで炊けるレシピになっています。

*オリーブオイル入れることで、コクがでてパサつきのない玄米ご飯になっているので、玄米が苦手な人(藤井さんは玄米苦手だそうですが美味しそうにパクパク食べてました^^)でも大丈夫かも

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください