ヘルスケア

40代から習慣化をおすすめする。認知症予防に効果的なコグニサイズとは?

投稿日:2017年7月16日 更新日:

コグニサイズとは?

コグニサイズとは、国立長寿医療研究センターが開発した運動と認知課題(計算、しりとりなど)を組み合わせた、認知症予防を目的とした取り組みの総称を表した造語です。

cognition (認知) +exercise (運動) を組み合わせてcognicise(コグニサイズ)

 

例えば・・・

  • ウォーキングをしながらしりとりを行う
  • 1から順に数字を数え、3の倍数の時だけ手を叩く

軽い運動をしながら、脳を使う課題を一緒に行うもので、こうやらなければいけないというようなガチガチな決まりがあるわけではなく、

全身を使って軽く息が弾む状態で脳を使うことで、心拍数がアップし脳への血流を良くして、認知機能の衰えを防ぐものを推奨しています。

 

運動の種類によってコグニステップ、コグニダンス、コグニウォーキング、コグニバイクなどの名前で行われています。

 

コグニサイズを行う上での注意点10か条

1.無理はしないで徐々に行う
2.ストレッチしてから開始する
3.水分を補給する
4.痛みが起きたら休息を取る
5.トレーニング中の転倒に注意する
6.少しの時間でもできるだけ毎日行う
7.「ややきつい」と感じるくらいの運動を行う
8.慣れてきたら次の課題にうつる
9.トレーニング内容は複数の種目を行う
10.継続がもっとも大切
参照元:国立長寿医療研究センターパンフレットより

無理はしないで、だけどラクしすぎず、継続的にコツコツやるが大事なポイントのようです。

 

スポンサーリンク



 

2つの研修も用意されています。

国立長寿医療研究センターでは、「コグニサイズ」の普及活動のため、介護職などに携わる方向けに2種類の研修が用意されています。

 

  1. コグニサイズ指導者研修(2日間)
  2. コグニサイズ実践者研修(1日間)

この研修を修了し、筆記試験に合格すると、認定施設として、国立長寿医療研究センターのホームページに記載されます。

 

MCI(軽度認知障害)予防にも効果的

このとこ物忘れが激しくなってきた・・・と自覚があるようなら、40代からコグニサイズをゲーム感覚で習慣化することで、認知症予防につながります。

 

上手に問題なくできるのが良いのではなく、間違えたほうが良いのです。

 

上手にできるように試行錯誤するのが良くて、間違えて、「あっ!間違えちゃった。てへぺろっ」くらいな気持ちの余裕と笑顔がもっとも効果的。

おじいちゃん・おばあちゃんだけでなく、老いも若きも一緒に楽しんでみんなで認知症予防が理想的です。

 

スポンサーリンク








-ヘルスケア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

たけしの家庭の医学:名医のセカンドオピニオン!長引く咳の正体は畑の肥料にあり!?

  長引く咳の原因は・・・   ファーストオピニオン 間質性肺炎:酸素を取り入れる間質に炎症が起きる病気。原因を特定するのが難しい病気 様々なアレルギー物質を除外する(掃除) 羽毛 …

その原因Xにあり!大病(夏血栓・喘息)を予防する夏野菜

夏血栓を予防する夏野菜とは? 体がだるい めまいがする その原因、熱中症だけでなく、夏血栓かも?   夏血栓とは? 、夏特有の環境でおきる血栓が、心筋梗塞・脳血栓を発症しやすい。 気温が32 …

「ソレダメ」から揚げ人気店が直伝!からあげの新常識!3連発

  からあげのお悩みベスト3   お肉をジューシーにする方法 下味の前に塩砂糖水(ブライン液)に30分つける。 砂糖:水分を吸収させ保湿する 塩:肉の表面をコーティングする &nb …

納豆トレンドは「変わりタレ」@ヒルナンデス

昨年の納豆の売り上げは史上最大。その要因は変わりタレだったとのこと。 今年も引き続き好調で様々な変わりタレや、色々なお取り寄せ納豆が流行っているとのことです。 そこで、「ヒルナンデス」で紹介された納豆 …

「林先生の今でしょ!講座」健康長寿者がよく食べる発酵食品ベスト3!その効果とは?

健康長寿1000人が答えたよく食べる発酵食品ベスト3   3位:味噌 みそ汁にして頻繁に食べている  味噌の栄養パワー 赤みそ(メラノイジン):抗酸化作用がある(がん細胞に対する免疫力up) …