健康カプセルゲンキの時間:尻トレで健康寿命を延ばす!

 

お尻の大きな女性は一般人より健康で知性が高い!

お尻の筋肉は最大&最強の筋肉

身体を支えたりバランスをとったりするのに重要な役割を担っている。
そこで今回は、尻トレで健康寿命を延ばす大作戦!簡単なお尻トレーニングや、お尻をほぐす方法が放映されました。

 

お尻を鍛えると得られる変化は?

・関節の痛みがなくなる

・疲れにくくなる

・美しいデコルテが生まれる

お尻を鍛えると全身に効果があり!

 

プロダンサー直伝の簡単ヒップアップ法

大殿筋を鍛えるのが大事!

1.左足に重心をのせて右足を上げていく

2.右足を上げていき手を足首まで持っていく

お尻の筋肉だけで足を上げるように意識する

 

理想のお尻の形

  • サイドトップの盛り上がり
  • センタートップの盛り上がりと丸み
  • アンダーヒップ丸み
  • お尻とふとももの境界線がはっきりしていること

このような美しいお尻を維持することが、健康を維持することに繋がっていきます。

 

おしりの筋肉が垂れる⇒筋肉が弱くなる

・身体を支えられずバランスが悪くなるので、足がうまく上がらずに階段でつまづいたり、小さな段差で転んだりしやすくなる

・腰痛

・膝の痛みの原因になる

 

簡単尻トレの方法

・大股歩き
大股で歩くとお尻が左右に大きく動く。さらに手も前後に大きく動き、これがお尻の筋肉を激しく動かす力になる。

また大股で歩くと前の足が地面にピタッとついた瞬間、すでに後ろ足は地面を離れているため、その分早くからだの重心が後ろから前に移動して、お尻の左右の動きを活発にしていく効果がある

 

・腰割り
足を開いて、深く腰をおとす。ゆっくりやるのがポイント!
身体を前に倒したり、しゃがみこむようなポーズになったりしないように気を付ける。

身体を地面に垂直にして、ゆっくりと上下させる。

 

・大股一歩
まずは右足を一歩前に出す。そしてかかとが浮かないように、膝をあまり曲げないようにして一歩前へ左足を出す。この一歩がお尻の筋肉を動かす。

1セット左右15回ずつで、1日2セット行うのがおすすめ!

 

スポンサーリンク


 

お尻をほぐすと腰痛が治る!?

 

痛みを引き起こす引き金になるポイント⇒「トリガーポイント」

 

お尻の腰痛トリガーポイントベスト3

1.中殿筋

2.梨状筋

3.大殿筋

・梨状筋:大殿筋のさらに奥にある筋肉

 

トリガーポイントを緩めるのが腰痛解消のポイント!

・お尻の下にテニスボールを入れる。

痛いと感じる部分に当てればそれだけでも十分だが、さらに反対側の膝を倒して体重をかけると、ちょうどいい力がトリガーポイントに当たる。

1か所30秒程度で、1日2回行うのがおすすめ

*野球のボールやゴルフボールは硬すぎるので筋肉によくないので、テニスボールが無い場合は、バスタオルなどでコブを作って使うのもおすすめです。

 

スポンサーリンク



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です