ビビット!これで夏休みの宿題の読書感想文はばっちり!オリラジ中田式読書感想文の書き方

 

そろそろ夏休み終盤!お子さんの宿題の進捗が気になる季節です。

宿題でも結構苦労するのが、読書感想文。

オリラジあっちゃんプレゼンツ、すぐできる読書感想文の書き方です。

 

中田式すぐできる!読書感想文の書き方

 

読書感想文で書くことはたった3つだけ!

1.内容を理解したということを示す「要約」

2.似たような自分の「体験談」

3.読んで得た「教訓」

 

*本はちゃんと読もう!

 

良い感想文を書く必殺技!

・インパクトのある書き出し

先生が読んでみたいと思ってもらうには、かき出しが大事!こんな書き出しでココロを掴むのは大事です。これは大人にも活用できそうですね。

 

1.無関係タイプ

「あなたと話す時は首が疲れる」

2.壮大タイプ

「この世界には、二種類の人間しかいない。それは自信のある人。自信のない人の2つです」

3.真実の逆転

「海から遠い寿司屋ほど美味しい!」

なぜなら、ネタの工夫やルートの工夫をするからです。そして来てもらうために腕を磨くからです。

 

読書感想文ができたら・・・

  • 人に聞かせる⇒わかりにくいところを直す

 

うさぎとカメの感想文例

要約:足のウサギと遅いカメが競争したが、途中寝てしまいカメが勝った話

体験談:私は背が高かったのでバスケ部に入り、レギュラーになったが、練習を怠ってレギュラーを外された

教訓:カメのような謙虚さを取り戻し、夏休みの間自分で決めたメニューをやり遂げました

 

まとめ

夏休みの感想文・・・確かに苦労しました。

この方法、夏休みの感想文だけでなく、小論文や、プレゼンなど、大人になっても、とっても活用できそうです^^

いっその事お子さんと一緒に読書感想文を書いて、見せ合いっこするというのもいいですね。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です