Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

名医のTHE太鼓判:酢納豆の作り方!ナットウキナーゼが最大限になる食べ方

 

納豆に含まれるナットウキナーゼが血栓を溶かす強さが1番強い!

納豆を1週間に約1パック食べていた人が血栓リスク3割減という研究結果もあり

ナットウキナーゼが最大になる方法

1.ナットウキナーゼは高温(70度以上)になると菌の効力を失う。

NGの食べ方:カレーのトッピング 炊き立てご飯(80度)納豆チャーハン

OKの食べ方:冷やしそばのトッピング そのまま食べる

2.納豆を器にあけて常温で20分放置するとナットウキナーゼが活性化する

3.納豆は夜食べるのが血栓対策におすすめ!

血栓は夜できることが多い

納豆キナーゼは4時間で効力を発揮し、8時間活性化する

 

血圧の改善最強メニューは酢納豆!

酢に含まれる酢酸が血圧の上昇を抑える

1パックに対して酢小さじ2を入れ、メレンゲのようなふわとろ感が出たら食べごろ

 

嶋大輔が2週間酢納豆生活に挑戦!

  • 卵をトッピングするな卵黄だけがおすすめ!卵白に含まれるビオチンがナットウキナーゼの吸収を阻害する
  • 2週間前 158⇒110に低下!
  • おすすめのトッピングはエクストラバージンオイル

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください