Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

健康カプセル!ゲンキの時間:実は恐ろしい感情の老化!うつ病・認知症の原因にも!?感情の老化の3つ+1の改善方法

8月25日の健康カプセル!ゲンキの時間のテーマは実は恐ろしい感情の老化 うつ病・認知症にも!?

 

感情の老化のサイン

  • 食に興味がなくなった
  • 意欲の低下
  • 好奇心が減った
  • 同じ店で買物しがち
  • 会話は同じ仲間ばかり
  • 新たな事を始めない
  • 異性への興味が減った
  • 昔より失敗をひきずる
  • 肉をあまり食べない
  • 最近イラつく事が多い
  • 最近感動していない
  • アイディアが浮かびにくくなった

3つ以上あてはまると感情の老化の傾向あり

感情老化の原因

男性ホルモン(遊離テストステロン)の低下(男性更年期障害)

  • 男性ホルモンが多いとやる気を出す・意欲的になるが低下するとやる気が出なくなる
  • 脳はストレスを感じるとホルモンを出すなという指令を出す
  • 男性ホルモンは夜分泌されるので寝不足はNG

 

前頭葉の老化

  • 前頭葉は意欲を司るので、前頭葉が老化すると意欲の減少を招く
  • 前頭葉が老化すると感情の切り替えができにくくなる⇒前の失敗を昔より引きずるようになった
  • 人としゃべらない(脳に刺激がない日常)
  • 喫煙は前頭葉が縮む

 

セロトニンの減少

  • セロトニンが減ると、不安が強くなる。痛みを感じやすくなる。うつ病の原因にも
  • 減少の原因:加齢・日にあたらない

 

感情の老化の改善方法

  1. 初めてのことにチャレンジする(前頭葉の活性化)
  2. 適度な筋トレで筋肉をつける(テストステロンの増加)
  3. 肉を積極的に食べる(たんぱく質はセロトニンの原料)

番外:恋愛(スキンシップ)⇒先生が言いにくいけどこれが1番効果的と太鼓判

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください