Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

主治医が見つかる診療所:よこ笛呼吸で体型維持!肺年齢が簡単に若返る方法

4月25日の主治医が見つかる診療所のテーマは肺年齢。

肺活量がしっかりあっても、肺年齢が高い人が増えています。その理由は…

肺年齢が高い人の特徴

  • 1秒量が少ない
  • 1秒量とは、吸った息を1秒でどれだけ吐ききることができるかの指標

*肺活量がクリアしていても1秒量が少ないと肺年齢が年取ってしまう

*肺年齢が高いほど、メタボの人が増える。骨折もしやすくなるというデータもあり

 

肺年齢を若帰らせる方法

  • しっかり息を吐く

 

肺の専門医おすすめの深呼吸のやり方

  • ポイントは息を吐いてから吸う
  • 空気をはき切れば、自然に空気が入ってくる

 

呼吸筋とは?

  1. 肺そのものには筋肉がないので自力で動かすことができない。
  2. 肺の周りの呼吸筋が肺を動かす(20種類以上ある)
  3. 横隔膜がメインで働いている

 

横隔膜を柔らかくする横笛呼吸のやり方

  1. くちびるを横に広げて薄く開く
  2. 10~15秒かけて息を吐く
  3. はき切ったと感じたところから、フーッともっと吐いてみる
  4. 口を閉じ鼻から5秒吸う

 

脇腹ストレッチで肋間筋をほぐす

  1. 背すぎを伸ばして椅子に座る
  2. 片手を頭。片手を脇腹におく
  3. 頭に置いた手を息を吐きながら傾ける
  4. 息を吸いながら体制を戻す

*肋骨の間を手でほぐすと効果倍増

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください