Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ソレダメ:イワシの鮮度はレモンで保つ!肉厚イワシフライレシピ

 

良いイワシの見分け方

  • 脂ののったイワシは銅が太くなっているので、顔が相対的に小さいものを選ぶのが良い
  • 小顔のものを選ぶのがそれマル

イワシの下処理

  • 寄生虫対策・鮮度保持するためにすぐに内臓を落とす。
  • まずはイワシの刺身でにんにくしょう油で食べる

イワシの鮮度を保つ裏技

  1. イワシの水分をキッチンペーパーでしっかりとる
  2. その上からレモンをたっぷりかける

レモンのクエン酸がイワシの脂の酸化を防いでくれる

これなら買った翌日に刺身にしても臭みが出ない!

イワシフライ

  1. 開いたイワシは酢で1回洗う
  2. 小麦粉をつける
  3. 卵・パン粉をつける
  4. 皮のほうを下にして水平にして油に入れる
  5. 油の温度は170℃~175℃
  6. 1分程度で裏返し30秒加熱で出来上がり♪

パン粉はイワシが空けて見えるくらいに薄くつけつけすぎない!のがポイント

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください