あさイチ:ランドセルの中身が重すぎる!?小学生の腰痛予防体操のやり方

重すぎるランドセルが子どもの体に負担がかかり過ぎるのでは?と、大学の先生が調査を開始

ランドセルの中身がぎっしり!5時間授業で教科書・ノート・プリントなどなど。

今回調査では、16人の平均が4.02キロ(ほとんど小1)。これは今まで調査した中でも軽いほう

他の日の調査では9キロ前後も多かった

 

何故そこまで重いの?

  • 学習指導要領が変わり教科書の大きさがB5からA4になった。
  • 絵や写真も増えてページ数が増えた
  • 上下分かれていたものが1冊になった
  • おさいほう道具・体操服バッグなど
  • 学校帰りの習い事のテキストなど
  • 水筒

あまりに重くて、腰痛になる子も増えてきた・・・と接骨院の先生

 

スポンサーリンク

 

小学生の腰痛の原因

  • ランドセルが重い
  • 姿勢の悪さも腰痛悪化の原因

 

*荷物の重さは体重の10%以上だと身体を傷める可能性あり

*持ち帰る必要のないものは学校に置いておくのokとするという対策をしている地方自治体もあり

*鍛えるために重くても我慢して欲しいという親御さんも多かったが、身体を作るこの時期に無理な負担をかけすぎないようにするような気づかいも大事

 

 

腰痛予防(背中を整える)体操

  • 両腕をまっすぐ上にのばす
  • つま先をあげてぐっと背伸びする
  • 寝る前に3セットやるのがおおすすめとのこと。

この体操で体幹を鍛えて腰痛予防になる

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です