Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あさイチ:本人が語る認知症

 

3月12日のあさイチは、本人が語る認知症。

 

認知症本人が語る

  • 認知症というお墨付きをもらって明るくなった
  • 忘れるのが怖いのではなく、ストレスが怖い
  • 重ね着をやめられないのは、寒いというよりは不安。温かいと安心する
  • 介護現場でも、認知症の方に症状が重い認知症の方の思いを教えてもらう

*ご本人同士の会も増えている

 

 

認知症と診断後の過ごし方

 

本人同士のコミュニケーション

  • 経験談を語り合うことで共感する
  • 認知症での困ることの対処方法の知恵を話す
  • 家族には言えないことが言える⇒自分の気持ちを吐き出す場が必要
  • 認知症の人なりのストレスの発散
  • 涙を流す・怒りを表すという場所が必要!
  • 家族が心配するから言えないこともある
  • そういう場で話すと元気になる⇒その姿を見て家族も元気になる

 

認知症はなってしまったらおしまいではなく、なってからが勝負!

  • 安心できると悪化を防げる
  • 手遅れということは無い。気づいた時から人とのつながりを持つのでも大丈夫。
  • 本人の安心が確保が悪化を防ぐには大事
  • 本人に認知症だと伝えるのは、時期を選ぶ。サポート体制を整える
  • 告知する場合もその方の性格を考慮する

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください