健康カプセル!ゲンキの時間:冬のかゆみ&乾燥肌対策!静電気も原因のひとつ?!

 

冬は肌が乾燥し、かゆみを訴える人が急増する季節。気象庁の発表によると、東京の平均湿度はここ100年で20%以上も低下。 2月11日の今回は、かゆみのメカニズムを解明したドクターから、かゆみの原因となる生活習慣や対策法を教えてもらいます。

 

加齢による乾燥が最も大きい部位は?

  • 背中
  • 保湿がしにくいため

 

乾燥時の肌の状態

  • 空気が乾燥し、肌からどんどん水分が奪われ、肌のキメが壊れる
  • 肌のバリア構造がしっかりしていると異物がはいりにくく、乾燥もどんどん進む
  • 顕微鏡で見ると、カピカピに乾いた地面のひび割れような肌の状態になっている
  • 加齢で水分量&皮脂量は減っていく
  • 潤いを保つには皮脂膜と角質層が大事⇒お風呂でのゴシゴシ洗いが皮脂膜&角質を壊し乾燥肌のの原因に

 

乾燥を防ぐ入浴方法

  • 熱いお湯の温度(42度)は皮脂膜を溶かす⇒乾燥がすすんでしまう
  • 身体はゴシゴシタオルを使わず、手で洗う
  • 軽く洗い流す程度で石鹸を使うのは週3回
  • 38度の温度のお風呂であまり長時間入らない
  • 風呂上りに全身保湿クリームをこまめに塗る
  • 保湿クリームは皮膚の繊維に向かって塗るのがおすすめ

 

 

痒みを一時的抑えるには?

  • 冷やすのがおすすめ

 

静電気を防ぐ方法

  • 静電気を身体に溜め込むと痒みにつながる
  • 底が皮などの天然素材の靴がおすすめ
  • 下着類は綿がおすすめ

 

痒みを強める食品

  • ヒスタミンを含む食品:ココア・チョコレート・コーヒー・ほうれん草
  • 食べ過ぎないようにする

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です