たけしの家庭の医学:いびきが認知症リスクを2倍にする!?

 

最近の研究で、イビキをかく人が、睡眠状態によっては神経細胞の死滅が早まり認知症リスクが2倍にはねあがるということがわかってきた。

 

イビキと認知症の関係

  • いびきをかくことによって酸素が取り込めず低酸素状態になる
  • 低酸素状態になると、脳内の神経細胞が死滅が加速する
  • 睡眠時無呼吸症候群の人の認知症リスク2倍に。
  • たった一晩で認知症になるわけではないが毎晩の積み重ねがリスクを高くする

 

スポンサーリンク



 

いびきを解消する最も簡単な方法

  • 横向きで寝るようにする(仰向けで寝ないようにする)
  • 抱き枕を利用する
  • 番組での実験では、抱き枕で横向きキープ!⇒低酸素ゾーンの時間が1時間から6分に大幅減少!
  • 本人の感想は、すっきり眠れた気がするとのこと。

 

 

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です