Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

サタプラ:クールジャパンで注目!外国人も注目の文房具、昔懐かしいアーム筆箱とは?

 

クールジャパン!最近の日本を訪れた外国人の方の興味のまとは文房具!

フランスにはまだない消せるボールなど、自分で使う&お土産などに大人気!

文房具の売り上げがここ6年で36%増!

 

最近流行りの文房具

 

tunago

 

短くなった鉛筆を2種類の鉛筆削りで凸凹にしてつなげる鉛筆削り

 

 

スポンサーリンク



 

そこで、今日のサタプラでは昔流行った文房具について特集されました。

 

シャーボ

当時はシャーペンだけでも画期的だったので、シャーペンもボールペンもこれ1本でOKなのは、かなり画期的でした^^

 

 

赤青色鉛筆

 

鉛筆を両方から削るのは、「貧乏削り」と言って、してはいけませんよ。と言われた人も多かった時に、

両方から削って、しかも色が違う!は画期的なことでした

アーム筆入れ!

象がのっても壊れない!のCM

あのCMができたきっかけは、「暴走族」

当時は落としたり、踏むとすぐ壊れた・・・⇒ニュースを見てたら暴走族が信号機に石を投げても割れないのを見て、警察に電話して信号機の素材を聞いた。

信号機の素材は、その当時の新素材ポリカーネイド 1tの重さにも耐えられる

アームの名前の由来⇒当日流行っていたプロレスラーのアームは強さの象徴

 

今でも売っています!

 

まとめ

 

象が踏んでも壊れない!このインパクトのあるCMは50代の方には思い出深いもの

開発きっかけが暴走族のニュースというところも、なんだかほっこりしてしまいます。

今でもまだ売っているということにもびっくりです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください