Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

健康カプセル!ゲンキの時間:猛暑の後の秋バテ解消法!自律神経を整えるちょい足し術

例年にない暑さだった今年の夏…猛暑の後には、「秋バテ」になる人が増加する傾向が! さらに秋バテだけでなく、「心疾患」になる人も増加する恐れがあるのだとか…

そこで今回は、夏にやってしまいがちな問題行動、さらに秋バテ撃退法を徹底リサーチ!

秋バテとは?

  • だるい
  • 眠れない
  • 夏の疲れがとれない
  • 昼夜の“寒暖差”が原因
  • 自律神経の乱れが原因
  • 寒暖差疲労ともよばれている

 

猛暑の後の秋バテの原因

  • クーラーのつけっぱなしによる自律神経の乱れ
  • 運動不足⇒有酸素運動を行うことで自律神経を鍛えて秋ばて予防

 

猛暑の後の秋に心疾患が増える

  • ヒートショックが起きやすくなる
  • その日の最低気温が前日の最低気温の差が5℃あると自律神経の乱れが起きやすい
  • 緩めの靴下とはらまきが自律神経の乱れを防ぐ

 

秋になると「古傷が痛む」

  • 秋は台風が1番大きい季節⇒天気痛を起こしやすい
  • 内耳が気圧の変化を感知しストレスを感じ、交感神経が優位になり傷みを感じやすくなる

 

自律神経を整える「ちょい足し」術

  • 交感神経⇒歩幅をちょい足し。大股で歩く。
  • 副交感神経⇒ぬるま湯をチョイ足し。湯船から出た時ぬるま湯をひざ下にかけることで交感神経の刺激になる
  • 寝る前に白湯を飲む⇒身体がゆるんで熟睡できる
  • 大豆製品のたんぱく質が基礎代謝を上げて自律神経を鍛えることができる

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください