ガッテン!血管ボロボロ&認知症からカラダを守れ!“ビタミンM(葉酸)”徹底活用

今日(1月17日)のガッテン!は、

認知症予防には、睡眠をしっかりとる、有酸素運動もとっても大切

それ以外にも最近わかった強い味方、若々しい脳を保つために大注目の栄養素のビタミンM(葉酸)を学びます。

 

ビタミンMのMはモンキーのM

 

葉酸パワー

 

細胞分裂を促す

DNAを作る時には欠かせないもの。

*妊娠中に摂取をするのに推奨されている

おたまじゃくしのエサにほうれん草や鶏レバーを与えたら、とても早くカエルになった

 

悪者(ホモシステイン)を更生させる

  • ホモシステインは脳に活性酸素をふきかける⇒アルツハイマーの原因になる
  • ホモシステインが血管で活性酸素をふきかける⇒動脈硬化
  • ホモシステインが骨に活性酸素をふきかける⇒骨粗しょう症
  • アミノ酸が変化してホモシステインになる
  • 葉酸がホモシステインを更生させる。これができるのは葉酸だけ!

ビタミンMは細胞の成長に欠かせないだけでなく、認知症などのリスクを下げることを示す研究結果も登場!

中には「心筋梗塞の死亡リスクが40%減った」というデータまで!

 

ビタミンM(葉酸)が多く含まれる食材

  • ホウレンソウ・豆苗・ブロッコリー・小松菜などの野菜
  • 海苔やレバー
  • いちご
  • 納豆

 

どのくらい1日に葉酸を食べればいい?

  • 1日に240マイクログラムを摂取するのがおすすめ
  • 坂戸市のプロジェクトを指導する女子栄養大学大学の香川教授によると400マイクログラムを推奨している
  • 外国では小麦粉やシリアルなどの主食に葉酸を添加することが決められている
  • 240マイクログラムという基準ができたのが貧血予防のためだったので、認知症予防などを考えると400マイクログラムくらい摂取が望ましいとのこと
  • 食べ物でとる場合は取り過ぎることは無い。
  • サプリでとる場合は、副作用を避けるため摂取量が決まっているので注意書きをしっかり読む!

すでに埼玉県の坂戸市では、葉酸を積極的に摂取するプロジェクトによって、血液中の悪玉物質が減るなどの成果もあげている。

 

 

葉酸摂取のお手軽摂取方法

  • 葉酸は水に溶けやすいので、茹でずに蒸す!
  • ほうれん草も茹でるより炒めるようにする。

1日にお手軽に摂取できる食材

  • 豆苗は80g
  • 納豆2パック
  • 焼き海苔は2枚
  • お茶は光で分解されてしまうので、ペットボトルではなく、いれたてがおすすめ

 

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です