あさイチ:今日からできる患者力アップ方法

 

1990年半ばから治療法を患者が選ぶ時代になっている

  • お医者さん任せはもう古い!
  • 緊急手術の時などは別として、頭痛の時などに、「どの痛み止めがいいですか?」など患者の選択肢が委ねられる。
  • 選択肢は出してくれるが、おすすめは言ってもらえないケースも・・・
  • 直接医師に質問がなかなかできない・・・。

 

何故治療法を患者が選ぶ時代になったか?

  • 医療が進歩⇒治療の選択肢が増えてきた
  • 慢性疾患増⇒治療期間が長くなってきているので、患者の納得感が必要
  • 患者の権利を守るという風潮が増えてきた
  • 医療に患者が求めすぎてる!?⇒医療は100%応えられるとは限らない
  • 医者と患者のコミュニケーション力

スポンサーリンク


医師とのコミュニケーション方法

 

大事なのは質問力!

 

余白たっぷりなメモを活用

  • 聞きたいことを日ごろからメモっておく
  • 診察の時にそのノートを持っていき、ノートを見ながら質問する
  • ノートを見ながらの質問は、嫌な感情を持つことは少ない。むしろ
  • 困ってます。悩んでいます。ということを伝えてほしい(医師側の意見)

 

今後の見通しを聞く

  • いつ治りますか?は医師にもわからないが、この治療はどのくらい続きますか?などを聞く
  • その間生活で気をつけることは何なのか?

スポンサーリンク



 

ネットの情報の調べ方

  • 病名+site:go.jp (行政機関のサイトの検索方法)
  • 病名+site:ac.jp(大学・研究機関サイトの検索方法)
  • 更新日に注意(3年~5年前だと情報は古い可能性も)
  • 体験談にあまりひきづられないようにする(自分にあてはまるとは限らない)

 

ネット情報に困ったら・・・

  • 何を見て不安になっということを医師に伝える
  • ネット情報は印刷&スマホなどで直接見せるなどしたほうが、医師も判断しやすい

 

スポンサーリンク



 

 

リスクを数字で示されたら・・・

  • 再発する可能性が10%⇒再発しない可能性は90%
  • 数字は受け止め方次第
  • 1人で悩まない!

 

数字を考えるのは最後に!

 

考える順番は・・・

1.自分が1番大切にしたいものは何か?

例)子どもとの時間

 

2.1番困ってることは?

例)子どもの世話ができない

 

3.そのリスク許容できますか?

例)再発の10%を怖れるよりも、今痛くて子どものと時間を大切にできないから、痛みを取ろう!

 

コミュニケーションは双方向。どちらの歩み寄りも大事!

 

医師だけでなく、看護師さんや薬剤師さんに聞くことも検討

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です