たけしの家庭の医学:名医が考案!肩こりを5日間で改善する方法!肩甲骨チェック&輪ゴムでできる肩こり予防体操

 

今日(12月26日)のたけしの家庭の医学では

肩関節のスペシャリストが集まるあづみ病院の畑幸彦院長が肩こりの改善方法を伝授してくれます

 

肩こり改善のポイントは肩甲骨!

  • 普段から肩甲骨をよく動かす職業の方は肩こり知らず
  • バレリーナーの方を調査したら、肩の硬さが小学生と同じくらいの人が多かった。

肩甲骨と肩こりの関係は?

  • 腕と胴体を結ぶ三角形の骨。鎖骨だけで繋がっている骨
  • あまり動かさない生活から
  • 肩周りの筋肉が硬くなる
  • 肩こりという負のスパイラルに陥る

 

スポンサーリンク


肩甲骨チェック

 

背面指合わせテスト

  1. 両手の甲を前向きにして腕を少し開いてリラックスして立つ
  2. 腕を真っすぐのまま後ろの方へ
  3. 親指同士がくっつけば合格

くっつけようと無理して肘を曲げたりしないようにする

痛みが出たら即刻中止

 

これができない人は肩甲骨が固まっている(肩こり)可能性あり

 

 

スポンサーリンク


輪ゴムを使った肩こり改善方法

肩幅に合わせて、輪ゴム6個から10個つなげたものを用意する。

  1. 輪ゴムがたるまないように持つ
  2. 脇をしめ、腕をぴったり身体につける
  3. ゆっくりと両手を広げる
  4. 10秒間キープ
  5. 10秒かけてゆっくり元に戻す
  • 10回を1セットに1日3回やるのがおすすめ
  • 肩甲骨を背中に寄せて、下にひっぱるようにイメージしながら行うのがポイント

 

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です