あさイチ:マイ包丁グレードアップ術!正しいシャープナーの使い方&失敗しない包丁とぎポイント

 

今回のテーマは、みなさんが毎日使う「包丁」。

包丁を研げばいいのはわかっていても、面倒だったり、そもそも研ぎ方がわからないというお悩みありませんか?

切れ味によって料理の味が変わるとはよく耳にしますが、切れない包丁は肉や野菜の細胞が壊してしまい、苦みや酸味が増すことが、科学的な研究でも明らかになっています。子どもが野菜嫌いという人も、もしかしたら切れない包丁が原因かも!?

 

シャープナーの正しい使い方

  • ハンディータイプ:15度の角度で研いでいく
  • 電動タイプ
  • ロールタイプは3種類
  • 砥石1種類⇒一定方向に動かす。往復はNG 包丁を使ったらこまめに研いで欲しい
  • 砥石2種類タイプ⇒前後に往復させて研ぐ
  • 人工ダイヤモンド砥石⇒ゆっくり3秒かけて研ぐ

 

 

砥石の種類

  • 荒砥石
  • 中砥石
  • 仕上げ砥石

家庭で使う場合は、まず中砥石から始める

 

失敗しない包丁とぎポイント

  • 15分ほど砥石を水につけておく
  • 背中に指をそえ根元に親指を抑える
  • 包丁の角度(15度)を一定に保つ
  • 反対の小指が背に入るくらい
  • 斜め(45度)に動かす
  • バリができることがしっかり研げている証拠
  • 刃をやさしく撫でて髪の毛1本程度のひっかかりが感じられるのがバリ
  • 両面を研ぐ
  • 新聞紙を広げて横に軽く撫でるとバリがとれる。

 

 

番組出演の藤原将志さんのホームページ

参考

番組出演の藤原将志さんのホームページ月山義高刃物店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です