Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あさイチ:DV!加害者の声から考える~反響編:第三者はどのように対処したらよいか&DV相談場所

 

3月22日今日のあさイチの特集は、以前の放送で反響の大きかったDVを加害者目線で考える

の反響編です

 

前回の放送で自分が加害者(または被害者)と気づいた人。

どこへ相談したらいいの?

周りの人はどうしてあげたら良いのかなど、専門家を交えた情報が特集されました。

 

DV加害者の意見(前回の復習)

  • 自分の価値観に合わせない妻が悪い。
  • できるように指導しなければ・・・という
  • 養ってやってると
  • 夫婦は一心同体だと思っていた
  • 妻は自分のもの
  • 物は投げても暴力はふるってないので自分はDVではないと思っていた。

などなど

*自分が加害者という自覚が無い人が多い⇒前回放送内でもそうでしたが、前回放送を家族で見ていた人の中でもその意識が強かった

スポンサーリンク



第三者の関わり方

 

第三者とは?

  • 友人・知人⇒気持ちに焦点をあて聞いてあげるだけでも十分(解決は専門家にまかせる)
  • 専門家に相談⇒相談できる場所を調べておくことも大事。

 

被害者の人は?

  • 辛い気持ちを話してみることで、一人ではないと思える
  • 相談してもいいんだという気持ちが持てる
  • 加害者同様、自分が被害者という意識がなく、前回の放送を見て気づいたという人も多数。

 

DV予防のための取り組み

  • 高校などで、DVについての啓もう活動(デートDVなど)
  • 様々なロールプレイング(男性・女性の役を逆にして)を通して、気づく・学ぶ
  • 体験した経験の意見を出し合う

*加害者も自分が加害者と気づく

*被害者なんだと気づく一歩となるかも

 

 

DV相談ナビ

  • 0570-0-55210(ここに電話をすると近くの相談できる場所を案内してくれる
  • 別れたい・逃げたいという覚悟ができている人向け
  • 覚悟ができていない場合は、↓の配偶者相談支援センターへ問い合わせてみるものも良いかも。

 

 

配偶者暴力相談支援センター

  • 各都道府県に少なくとも1つは、「配偶者暴力相談支援センター」が設置され、相談できるようになっているので、
  • 地元の地方自治体に問い合わせるか、ネットで「配偶者暴力相談支援センター」+地域名で検索すると情報にたどりつける

 

内閣府男女共同参画局のホームページ

ホームページ:http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/e-vaw/soudankikan/01.html

ホームページに配偶者暴力相談支援センターでは、何をしてくれるのかや、全国の一覧が掲載されています。

 

スポンサーリンク



前回放送内容

 

あさイチ:DVどうすれば止められる?DV加害者の声からどうすれば止められるかを考える

 

 

 

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください